変数-基礎編 (Python)

本記事では Python の変数-基礎編について説明します。

プログラミングにおける変数とは、値に名前を付けて再利用可能にしたものです。以下のようにコードを書くと、変数を定義することができます。

x = 1

なぜ変数を定義するのでしょうか?例えば、以下の計算を行うとします。

(3 * 2) + (5 * 100 * 11)
(3 * 2) + (5 * 100 * 11)
(3 * 2 + 5 * 100 * 11) + 50000

これを全てコピーすることは面倒くさいですし、途中で移し間違えてしまう可能性もありそうです。このような場合、以下のように変数定義しましょう。コードの見やすさが上がり、ケアレスミスを減らすことができます。

a = 3 * 2
b = a + 5 * 100 * 11
c = b + 50000

それでは jupyter notebook で実行することで、変数について理解しましょう。jupyter notebook で作成した「training.ipynb」を使用し、解説を行っていきます。こちらの記事を参考にしてください。

Jupyter Notebook でのコード実行
本記事では、JupyterNotebookでのコード実行について解説します。pipを使用したJupyterNotebookのインストール方法とJupyterNotebookの起動方法は以下の記事を参考にしてください。「JupyterNote...

「training.ipynb」を開くと、この状態になっていると思います。

コマンドモードの状態で「B」ボタンを押してください。新しいセルが追加されると思います。

セルに以下のコードを打ち込み、「Ctrl」を押しながら、「Enter」を押しましょう。

a = 3 * 2
a

実行すると、以下の出力結果が得られます。

次に b を計算します。コマンドモードになっていることを確認して、「B」を押してセルを挿入しましょう。新しく挿入したセルに以下のコードを打ち込み、「Ctrl」を押しながら、「Enter」を押しましょう。

b = a + 5 * 100 * 11
b

実行すると、以下の出力結果が得られます。

最後に c を計算します。コマンドモードになっていることを確認して、「B」を押してセルを挿入しましょう。新しく挿入したセルに以下のコードを打ち込み、「Ctrl」を押しながら、「Enter」を押しましょう。

c = b + 50000
c

実行すると、以下の出力結果が得られます。

以上でコードの実行は終了です。「Ctrl」ボタンを押しながら「S」をクリックします。ファイルが保存されます。すべてのアプリを閉じてください。

本記事は以上になります。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました