Python のデータ型について分かりやすく解説-クラス、関数の定義から根本的にデータ型について理解する-

本記事ではPythonのデータ型について分かりやすく解説していきます。




データ型って何???

データ型とは、Python 上に組み込まれてあるオブジェクトの種類のことを示します。文字型と言われたら、文字のオブジェクトのことを指します。オブジェクトについては以下の記事を参考にしてください。

Python のクラスについて分かりやすく解説-クラスの定義、関数との違い、クラスの使い方、使用例まで-
本記事ではPythonのクラスについて分かりやすく解説します。情報量が多いため、長文となってしまいましたが、ゆっくりご覧になってください。クラスとはプログラミングにおけるクラスは、あるグループとして定義された再現可能な作業工程の情報の集合体...

プログラミングの一番難しいところは、「リテラルを、オブジェクトとして扱えること」にあると考えています。リテラルについては以下の記事を参考にしてください。

変数-応用編(Python)
始めに本記事ではPythonの変数-応用編について説明します。変数-基礎編を読んでからご覧ください。変数の各名称変数-基礎編では、変数は以下の形で表されることを学びました。x=1上記の「左辺」、「=」、「右辺」にはそれぞれ名称があります。そ...

リテラルは、1 や Hello など、ただの値のことを指しました。しかし、プログラミングを行う際、リテラル単体で扱うことは何かと不都合です。例えば、リテラルを区別することができなければ1 + Hello といったありえない処理が起こります。また、10進法を2進法にしたい、文字をすべて大文字にしたい、「こんにちは!!!○○さん」の○○の部分を違う人で入れて処理したい、といった処理について、毎回プログラムを組んで実行するのは大変手間がかかります。

そこで開発者たちは「リテラルをオブジェクトと同列に扱うこと」を考えました。リテラルとオブジェクトを同列に扱うことで、リテラルの区別を行ったり、誰もが行いそうな処理をあらかじめ組み込み、プログラムを書きやすくしようというわけです。このため、Python ではリテラルをある変数に入力するという行為は、クラスにおけるインスタンスを生成していることと同列になります。インスタンスについては以下の記事を参考にしてください。

Python のクラスについて分かりやすく解説-クラスの定義、関数との違い、クラスの使い方、使用例まで-
本記事ではPythonのクラスについて分かりやすく解説します。情報量が多いため、長文となってしまいましたが、ゆっくりご覧になってください。クラスとはプログラミングにおけるクラスは、あるグループとして定義された再現可能な作業工程の情報の集合体...

これは開発(プログラムの処理を記述し、何かしらの製品を作ること)を行う上では大変便利であると同時に、本質的な理解を遠ざけてしまう一因になると考えています。イメージとしては、説明書を読まずに電化製品を扱えてしまう感じです。説明書を読まなくても電化製品を使うことは容易いですが、便利な機能を見落としてしまったり、重大事故のきっかけになってしまう恐れがあります。Python についても同様で、クラス、関数について理解して組み込み関数やプログラムを書くことで、処理が軽くなったり、コードを読みやすくなったり、汎用性の高いコード記述することができるようになります。そのため、本記事では数字のことをリテラルと同様の使い方で説明し、クラス、関数について簡単に説明した後、データ型の説明を行うことにしました。

リテラルを表現することができるデータ型を以下に示します。

データの種類リテラルの種類組み込みデータ型値の例
数値型整数リテラルint 型1
数値型浮動小数点型リテラルfloat 型1.15
文字型文字列リテラルstr 型Hello
論理型真偽リテラルbool 型True, False という変数

int 型について

小数点を付けない数字のことです。以下の形で記述します。

x = 1

float 型

小数点を付けた数字のことです。以下の形で記述します。

x = 1.15

str 型

文字のことです。シングルクォーテーション「’」、ダブルクォーテーション「”」、トリプルクォーテーション「”’」または「”””」のいずれかで書くことが可能です。シングルクォーテーションを内包できること、トリプルクォーテーションでは改行も文字として含んでしまうため、単純かつシングルクォーテーションで協調を表現することが可能なダブルクォーテーションで記述することをお勧めします。ダブルクォーテーションの場合、以下の形で記入します。

greeting = "Hello!!! 'Python'!!!"

シングルクォーテーションの場合は以下のように記述します。

greeting = 'Hello'

トリプルクォーテーションの場合は以下のように記述します。

greeting = """Hello"""

トリプルクォーテーション以外では改行を行うとエラーが出てきますので注意してください。シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションでの改行方法は後日解説します。

bool 型

正しいか正しくないかをTrue, False で表現します。以下のように記述します。

val = True

最後に

データ型はクラスで表現されているため、メソッドの使用が可能ですが、説明が膨大になるため本記事では適宜解説していきます。もしあらかじめ勉強されたい方がいらっしゃいましたら、こちらのサイトを参考にしてください。

組み込み型
以下のセクションでは、インタプリタに組み込まれている標準型について記述します。主要な組み込み型は、数値、シーケンス、マッピング、クラス、インスタンス、および例外です。コレクションクラスには、ミュータブルなものがあります。コレクションのメンバをインプレースに足し、引き、または並べ替えて、特定の要素を返さないメソッドは、コ...
Pythonに関する情報 | note.nkmk.me
Pythonに関して学んだ情報一覧。

本記事は以上になります。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました